食事制限だけでは綺麗に痩せれないって本当?

筋肉は普通に生活しているだけでもエネルギー、カロリーを使ってくれる大切な存在です。そこで差を付けるのが筋肉トレーニングですね!筋肉を増やせば自ずと消費するカロリーも増えるので痩せやすい体質になります。しかし、カロリー制限で痩せたとしましょう。脂肪だけでなく筋肉成分を使ってエネルギーを作り出すので、筋肉が少なくなってしまいます。

 

一度減った筋肉は簡単には元に戻りません。だから、筋肉は減らさずに、脂肪だけを減らすことが重要です。体形を変える要因は、食べたものと運動のバランスです。余分な脂肪がなく、筋肉が付いている健康な人は、間違いなく太らない生活習慣が身についていて、わずかな空き時間でもトレーニングをしたり、ダラダラ過ごすことがなく、同じ量の食事をするにしても夜はあまり食べずに、しっかり活動する朝と昼にボリュームのある食事を摂っています。もう一度確認しておいてほしいのは、体形を左右するのは食べたものと運動のバランスであるという事です。食事で得るエネルギーを抑え、運動で消費するエネルギーを増やせば必ず痩せます。脂肪が多くてもクヨクヨすることはありません。いくら太っていても筋肉が付いていれば問題ありません。体脂肪が筋肉の上を覆っている状態で、本当は人並み以上に筋肉が付いている場合もあります。その為、痩せると筋肉質で、綺麗なボディラインが手に入ります。では、食生活を改善する必要があるのか?実は違うんですね!食事を見直すことも重要ですが、筋肉量はそのまま維持したほうが良いんです。有酸素運動のエネルギー源についても知っておくことが重要です。最初の20分程は糖質をエネルギー源して消費します。

 

ですが、20分以上運動を続けると、アドレナリンの分泌量が増加し、脂質を消費するようになります。食事で体脂肪を減らす事も可能ですが、筋肉も減ってしまうという欠点があるのに対して、正しい有酸素運動は体脂肪燃焼に効果を発揮します。あと、食事制限ダイエットをした場合でも筋トレはしっかり行いましょう。筋肉の分解は回避できないので、最低限現状を維持する為にも筋トレは欠かせないと言ってよいでしょう。摂取カロリーとは、食事などで体に取り入れるカロリーの合計値。もちろんアルコールやおつまみにもカロリーがあります。単純な事ですが私たちの体は食べたものと飲んだもので出来ていて、カロリーの収支は家計の収支ともそっくりで、消費するカロリーが大きくなれば痩せます。基礎代謝を固定給と考えれば活動による消費は歩合給みたいなものですね。お金を貯めるのに魔法が無いのと同様に、一瞬で楽に痩せることもありません。おにぎり1個の摂取カロリーは概ね200kcalで、30分間歩くのと同じカロリーになります。あなたはどっちを選びますか?人の脳は1日に糖質120gを必要としているようです。糖質の供給が滞りなく行われている間は、筋肉の分解はありません。これに血球もブドウ糖を必要とするので、1日につき180g程度の糖質を摂取したいところです。

 

ご飯を茶碗に1杯、またはコンビニおにぎり1個を食べると糖質60g程度になります。食パンで言うと、6枚切り1枚で25g相当の糖質を摂取することになります。他にも糖質を含む食材は数多くありますが、主食から取り込むものの糖質の目安は、朝食パン1枚、お昼にご飯を茶碗1杯食べるのが適正量と言えますね。糖質を減らせば血中の糖も減ります。そのため、エネルギーを得ようと肝臓のグリコーゲンが使われます。グリコーゲンの蓄えは、320kcal程度なので、直ぐに無くなってしまいます。だが、糖質、ブドウ糖が無ければ脳や血球はエネルギー不足になってしまいます。なので、片時も補給を途絶えさせるわけにはいけません。どうやって?というと、肝臓のグリコーゲンが途絶えそうになると、筋肉から糖を作る糖新生というのを行うんです。これにより、筋肉からブドウ糖を得ることができます。つまり、糖質制限が行き過ぎると、まず筋肉が削げ落ち、げっそりするわけですね。カロリーって一体何かご存知ですか?カロリーとは、エネルギーの大きさを表す単位のことです。1gの水の温度を1度上昇させるのに必要な熱量のことです。

 

食事の成分は、「糖質」「タンパク質」「脂質」「ミネラル」「ビタミン」以上5種類の栄養素です。これを五大栄養素と呼びます。この中で、エネルギーとして使われるのは「脂質」「タンパク質」「糖質」の3つです。エネルギー源と言っても、1g当たりのカロリーは全て異なり、細かいことは覚えておく必要はないですが、脂質が、糖質・タンパク質の2倍以上のエネルギーであることは頭に入れておきましょう。上手に体脂肪を落とすためには、食事がポイントになります。単純にカロリーを減らせば良いのではなく、糖質量を意識する事が重要です。糖質が満足に摂取されないと、筋肉を分解してエネルギーを得なければならないので、糖質量は減らすに越したことは無いと思ってしまいがちですが、ダイエット中でも糖質は大事なのです。

 

抵抗を感じる方もいるかもしれませんが、この矛盾した考えが体脂肪減少のカギを握っています。糖質の量を今とりすぎているのであれば減らすことは必要ですが、減らしすぎはNGという事ですね。筋トレで筋肉を増やすと、基礎代謝が増え、日常生活における脂肪燃焼もアップします。筋肉量が増えると、それと同時に活動代謝も上がります。活動代謝量が増えれば、日々の活動量が増え、消費カロリーをアップさせます。また、トレーニングで強い刺激を与える程、運動時に糖質は消耗されますが、運動後は脂肪燃焼が進むので安心して大丈夫です。激しいトレーニングのあとは、糖質が足りなくなるので、なるべく早くブドウ糖や果実を摂取して、筋肉中のグリコーゲン補給を行いましょう。

 

食事制限だけでは綺麗に痩せれないので、やはり筋肉をつけなければいけません。筋肉を効率よくつけるにはHMBカルシウムのサプリメントを摂取するのが効率的でしょう。最近は男性だけでなく女性向けのHMBサプリやクレアチンサプリメントが出始めています。

特に人気なのはBBBですね。トリプルビーと言いますがクロスフィットトレーナーのAYAさんが監修されているみたいです。⇒トリプルビー(BBB)の評判はこちら

 

評判を見るとわかりますが結構効果が高いようですね。筋肉をつけつつダイエットしたい方は購入を検討してみてください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です